農村振興能力向上プロジェクト

(Rural Extension Services Capacity Advancement Project -Through PaViDIA Approach-(RESCAP))

【写真】プロジェクトの様子

国名
ザンビア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2009年12月〜2014年12月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

ザンビアでは自給自足を営む小規模農家が全農家戸数の約85パーセントを占めており、農村地域に居住しています。国家の貧困軽減のために、日本は、孤立地域村落の小規模農家の貧困軽減を目的とし、ザンビア政府農業・協同組合省(MACO)とともに、技術協力「孤立地域参加型開発計画プロジェクト(PaViDIA)」を実施し、住民参加による村落開発手法と持続的農業技術を導入することで成果を出してきました。この協力では、PaViDIAの成果をより広い地域に展開すべく、MACOおよび普及員の能力強化を軸として普及サービスの強化を図りました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報