水供給人材育成プロジェクト・フェーズ2

(Human Resources Development for Water Supply Phase 2)

【写真】プロジェクトの様子

国名
スーダン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2011年10月〜2015年9月
事業
技術協力
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

スーダンでは、安全な水のアクセス率を2027年までに100パーセントとすることを目指し、国から各州水公社へ給水事業の責任・権限を委譲しましたが、各州水公社の人材開発が不足しているため、給水施設の整備や維持管理に支障をきたす状態でした。この協力(フェーズ2)では、全国規模での給水人材の育成を図るため、各州のニーズを研修の優先順位に反映させ、中・長期人材育成計画に則った研修の実施、およびパイロット州の水公社における研修実施体制の確立を支援しました。これにより、地方給水施設の稼動率と、安全な水のアクセス率の改善に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報