フロントライン母子保健強化プロジェクト(マザーナイル・プロジェクト)フェーズ2

(Frontline Maternal and Child Health Empowerment Project Phase 2(Mother Nile Project Phase 2))

【写真】プロジェクトの様子

国名
スーダン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2011年9月〜2014年9月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

スーダンでは妊産婦死亡率・1歳未満児死亡率が世界平均を大きく上回っています。同国では、村落助産師(VMW)の介助による自宅出産が一般的ですが、知識や技術が十分でないため、母子保健の改善にはVMWの能力強化が不可欠です。この協力(フェーズ2)では、北部スーダン全州におけるVMWの能力向上と、セナール州で妊産婦や新生児の健康を改善するための包括的なモデルの確立を支援しました。これにより、北部スーダンにおいて、より多くの妊産婦と新生児が妊娠・出産に関するケアを受けることができるようになり、妊産婦と乳児の死亡率の減少に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報