フロントライン母子保健強化プロジェクト

(Frontline Mother and Child Health Empowerment Project in Sudan)

【写真】プロジェクトの様子

国名
スーダン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2008年6月〜2011年6月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

スーダンでは、妊産婦死亡率や1歳未満児死亡率が世界平均を大きく上回っています。同国では、村落助産師(VMW)の介助による自宅出産が一般的ですが、VMWの知識や技術が十分でないため、母子保健の改善にはその能力強化が不可欠です。この協力では、パイロット州(セナール州)を対象に、VMWの能力強化を通じて、地域のコミュニティに良質な母子保健サービスが提供されるための体制構築を支援しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報