ニューバガモヨ道路拡幅計画

The Project for Widening of New Bagamoyo Road

終了案件

国名
タンザニア
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
運輸交通
贈与契約(G/A)締結
2010年5月
供与額
50.95億円

プロジェクト紹介

タンザニア第一の都市、人口約320万人を擁するダルエスサラーム市は、同国の経済・流通の中心地で、道路、鉄道、空港、港湾など全ての交通ネットワークの要衝となっています。しかし、ここ数年で市内を走る自動車台数は急増しており、また同市から地方都市へと伸びる幹線道路沿いに都市開発が無秩序に進められてきた結果、市内道路での交通渋滞が深刻化して、同国全体の経済活動・健全な市民生活を阻害していました。この協力では、特に渋滞の悪化がひどく同市内の4本の幹線道路の中で唯一片側一車線であるニューバガモヨ道路の一部12.9キロメートル区間の拡幅を支援しました。これにより、同道路の円滑な交通の確保に寄与しました。

協力地域地図

ニューバガモヨ道路拡幅計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ムララクワ橋(写真2の協力実施前) 

  • この協力で建設されたムララクワ橋(写真1の協力実施後) 

  • カウエ交差点付近(写真4の協力実施前) 

  • この協力で整備されたカウエ交差点付近(写真3の協力実施後) 

  • マサナ地区(写真6の協力実施前) 

  • この協力で整備されたマサナ地区(写真5の協力実施後) 

  • アフリカーナ交差点付近(写真8の協力実施前) 

  • この協力で整備されたアフリカーナ交差点付近(写真7の協力実施後) 

  • 歩道を舗装する工事で、地元労働者を指導する日本人技師(写真提供:久野 武志) 

  • 橋桁を運ぶ工事で、地元労働者を指導をする日本人技師(写真提供:久野 武志) 

関連情報