マラッカ海峡及びシンガポール海峡船舶航行安全システム整備計画(第2期)

The Project for Enhancement of Vessel Traffic System in Malacca and Singapore Straits(Phase2)

終了案件

国名
インドネシア
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
ガバナンス
贈与契約(G/A)締結
2010年10月
供与額
14.32億円

プロジェクト紹介

年間9万隻以上の船舶が航行する海運の大動脈であるマラッカ海峡沿岸国であるインドネシア。同海峡は狭隘な水路の上、浅瀬、岩礁、沈船などが多く、タンカーやコンテナ船などの大型船舶が密集して航行している状況で、常に海難事故の危険にさらされていました。この協力では、航行する船舶の安全性を向上させるため、船舶航行安全システム(VTS)の整備を支援しました。これにより、マラッカ海峡での船舶航行の安全性が向上し、同国の経済発展、国際経済の安定が図られ、日本における海上貿易路の安全の確保も期待されます。

協力地域地図

マラッカ海峡及びシンガポール海峡船舶航行安全システム整備計画(第2期)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ドマイ船舶航行安全システム(以下、VTS)サブ・センター発電機棟建設予定地(写真2の協力実施前) 

  • ドマイVTSサブ・センター発電機棟全景(写真1の協力実施後) 

  • タンジュン・メダン 発電機棟建設予定地(写真4の協力実施前) 

  • タンジュン・メダン全景(写真3の協力実施後) 

  • タンジュン・サイール中継局建設予定地(写真6の協力実施前) 

  • タンジュン・サイール中継局全景(写真5の協力実施後) 

  • 【協力実施後】タンジュン・サイール:ソーラーパネル 

  • 【協力実施後】タンジュン・パリット全景 

  • 【協力実施後】シンパン・アヤム全景 

  • 【協力実施後】シリンチン:既存鉄塔に追加したパラボラアンテナ(シンパン・アヤム~シリンチン間のデータ通信用)および鉄塔避雷針 

関連情報