カンボジア工科大学教育能力向上プロジェクト

Project for Educational Capacity Development of Institute of Technology of Cambodia

実施中案件

国名
カンボジア
事業
技術協力
課題
教育
協力期間
2011年10月〜2015年10月

プロジェクト紹介

カンボジアは、製造業を中心に外資系企業の進出が加速しています。また、鉱業開発も復活の兆しを見せています。しかし同国では、製造業などに関わる工学系人材や、地質工学系の人材が不足しています。この協力では、カンボジア工科大学の3学科(電気エネルギー学科、産業機械学科、地球資源・地質工学科)を対象に、シラバス・実験指導書の改訂や、教授法の改善指導などにより、実験・実習に重点をおいた学部教育への改善を支援しました。これにより、高度で実践的なスキルを身につけた工学系人材の輩出に寄与しました。

協力地域地図

カンボジア工科大学教育能力向上プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 本邦支援大学教員によるカンボジア工科大学の実験室(産業機械学科)で既存の実験機材の状態や利用状況を確認。 

  • 本邦支援大学教員とカンボジア工科大学との全体会議。カンボジア工科大学の学長と副学長を交えて今後の活動計画などを確認。 

  • 本邦支援大学教員とカンボジア工科大学との分野別個別協議(地球資源・地質工学科)。 

  • 本邦支援大学教員とカンボジア工科大学との分野別個別協議(産業機械学科) 

  • 本邦支援大学教員とカンボジア工科大学との分野別個別協議(産業機械学科) 

  • 本邦支援大学教員によるモデル講義(産業機械学科)。本邦大学教員による高価な実験器具を用いない、分かり易い講義実例の紹介。 

  • 本邦支援大学教員来訪時の集合写真。校舎前で記念撮影。 

  • 本邦支援大学教員による短期特別講義(地球資源・地質工学科) 

  • カンボジア工科大学スタッフによる供与機材の納入時確認作業 

関連情報

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。