中部地域5県における米証明種子の生産にかかる技術普及プロジェクト

(Project for extension and diffusion of technologies for certified rice seed production in the central zone of Cuba)

【写真】プロジェクトの様子

国名
キューバ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2012年4月〜2016年4月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

キューバの主食である米の自給率は約36パーセント(2009年推計)で、自給率向上が同国政府の重要政策の一つとなっています。この協力では、国内稲作面積の約40パーセントを占める中部地域5県を対象として、先行プロジェクトで育成されたリーダー農家によって生産された証明種子(一般生産農家向けの種子)の生産拡大と栽培技術の向上を支援しました。これにより、証明種子の生産量の増加に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報