小規模農民のための灌漑開発プロジェクト

(Technical Cooperation Project on Community-based Smallholder Irrigarion (T-COBSI))

【写真】プロジェクトの様子

国名
ザンビア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2013年3月〜2018年2月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

ザンビアでは、全人口の約7割が農業に従事しており、そのうちの大半は所有する土地が1ヘクタール未満の小規模農家です。小規模農家の多くは天水依存型農業であるため、干ばつや洪水などに極めて脆弱で、繰り返し食糧不足に直面しています。同国政府は、灌漑面積の拡大に取り組んでいますが、資金上の制約などで十分に進んでいません。この協力では、北部州、ルアプラ州、ムチンガ州を対象に、農民参加型の小規模灌漑施設を利用した灌漑農業の促進を支援します。これにより、農業生産性の向上に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報