参加型生物多様性保全推進プロジェクト

(Project for Promoting Participatory Biodiversity Conservation)

【写真】プロジェクトの様子

国名
コスタリカ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2013年4月〜2018年3月
事業
技術協力
課題
自然環境保全

プロジェクトの紹介

コスタリカは、世界の「生物多様性ホットスポット」としてメソアメリカ地域で重要な国と位置付けられており、一時は減少の一途をたどっていた森林面積も、1980年代後半から森林保全や生物多様性保全の取り組みが実施された結果、現在は飛躍的に回復しています。しかし、自然保護区の管理体制は、人間による違法な活動を排除する管理モデルが中心で、周辺住民との対立を招くことも多かったことから、この協力では、地域住民とともに保護区管理を行う参加型生物多様性保全の強化や、地域の拠点として国内外での知識の共有活動などを支援します。これにより、同国および中南米各国における生物多様性保全に貢献します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報