参加型生物多様性保全推進プロジェクト

コスタリカ共和国(以下、コスタリカ)は、「生物多様性ホットスポット」であるメソアメリカ地域の中でも、生物多様性の保全上、重要な国と位置付けられている。しかし、1940年に国土の75%を占めていた森林被覆率は、1987年には21%まで減少した。そのため、1980年代後半より先駆的な森林保全、生物多様性保全のための政策、活動を実施してきた。その活動の結果、森林面積は2010年には52%程度まで回復するに至っている。

一方、自然保護区の管理体制については、一部の保護区を除くと、人間活動を排除することを前提とした管理モデルが適用されており、実際の管理活動としては、保護区内及び周辺域に…

更新情報

4月5日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
3月28日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
3月12日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
1月10日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
1月9日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
対象国:
コスタリカ
課題:
自然環境保全
署名日:
2013年2月1日
協力期間:
2013年4月1日 から2018年3月31日
相手国機関名:
環境エネルギー省保全地域システム庁

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。