第二次カブール国際空港駐機場改修計画

(The Project for Rehabilitation and Expansion of Aircraft Parking Aprons at Kabul International Airport(Phase 2))

【写真】プロジェクトの様子

国名
アフガニスタン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2013年3月
事業
無償資金協力
供与額
13.61億円
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

アフガニスタン最大の空港であるカブール国際空港は、同国の交通・物流の拠点となっています。しかし、長年にわたる不十分な維持管理と近年の交通量増加で駐機場の劣化が著しく、剥離した骨材などが航空灯火や航空機エンジンなどに損傷をもたらしていました。また、駐機場が不足しているため、航空機の安全で効率的な運航に支障を生じかねない状況でした。この協力では、同空港において駐機場の舗装改修・拡張と駐機場照明灯の設置を支援しました。これにより、航空機運航上の安全性と効率性の向上を図り、同国の経済発展に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報