気象観測装置整備計画

(The Project for Establishment of Disastrous Weather Monitoring System)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ミャンマー [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2013年3月
事業
無償資金協力
供与額
38.42億円
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

ミャンマーではサイクロンの被害が頻発し、大雨による洪水や土砂災害も甚大化しています。しかし、同国唯一の気象レーダーシステムは老朽化により稼働停止したままであったため、サイクロンの直接監視ができませんでした。また、全国各地の気象観測所もマニュアルによる観測のため、気象局は有効な予警報を行うためのデータが収集・把握できない状況でした。この協力では、気象レーダーシステムや自動気象観測システムなどの機材・施設の整備を支援しました。これにより、同国の気象監視能力が強化され、気象災害による被害の軽減に寄与しています。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報