東部地域野菜農家収益性向上プロジェクト

Horticultural Farmers' Profitability Improvement Project in the Eastern Region of the Republic of El Salvador

国名
エルサルバドル
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発
協力期間
2014年5月〜2018年5月

プロジェクト紹介

エルサルバドルでは、農家の自立と農業振興を目的に改革が実施され、土地の細分化が進められていました。農家の多くは零細農家で、自給自足のための農業生産となっており、また市場・金融へのアクセスや生産技術に乏しい状況でした。特に、その割合が高い東部地域では、貧困状況を改善するため零細農家の組織化や市場ニーズに合った品質と量の確保、価格交渉力や販路の構築・強化が必要となっていました。この協力では、東部4県においてSHEPアプローチ(注)を活用し、対象農家グループが有機栽培や簡易ハウスを用いて野菜などの栽培技術および経営改善手段を取り入れ、収益が向上するための支援を行いました。

(注)「作ってから売る」から「売るために作る」農業へ意識改革を起こし、営農スキルや栽培スキル向上により園芸所得向上を目指すもの。

協力地域地図

東部地域野菜農家収益性向上プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • パッキングされたピピアン 

  • 簡易ハウスを用いた野菜栽培 

  • 出荷先ごとに選別された農産物 

  • 農家グループによる売上記録 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。