東部地域野菜農家収益性向上プロジェクト

(Horticultural Farmers' Profitability Improvement Project in the Eastern Region of the Republic of El Salvador)

【写真】プロジェクトの様子

国名
エルサルバドル [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2014年5月〜2018年5月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

エルサルバドルでは、全農民の約8割が、市場・金融へのアクセスや生産技術を有していない、農村部の貧困層を形成する零細農民で、中でも零細農民の割合が高い東部地域では、国立農牧林業技術センター(CENTA)により栽培技術の普及を進めていますが、市場や技術へのアクセスは未だに限定的です。この協力では、CENTAの普及員や農民に対し、栽培技術と経営改善手段に関する研修の実施などを支援します。これにより、東部地域の野菜生産農家の収益性の向上に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報