貧困削減に資するコミュニティ・ベースド・ツーリズム計画プロジェクト

(The Project on Community Based Tourism Master Plan targeting Poverty Alleviation)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ジンバブエ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2015年6月〜2017年6月
事業
技術協力
課題
民間セクター開発

プロジェクトの紹介

ジンバブエにおいて観光産業は、社会・経済成長を牽引する重要産業とみなされています。2014年に策定された国家観光政策では、国の課題である貧国削減、雇用促進に貢献するため、地域住民による観光開発(Community Based Tourism:CBT)の促進を基本方針の一つに位置づけていますが、近年の経済状況の悪化やコレラの蔓延などの影響を受け観光産業は低迷しています。この協力では、CBTを促進・実践していくためのマニュアルとなるマスタープラン策定を支援します。この策定作業を観光省および観光局と協働で実施することを通じ、同省・同局へのCBTに係る能力向上に貢献します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報