自動車産業人材育成プロジェクト

The Project for Human Resource Development for the Automotive Industry in El Bajio of Mexico

実施中案件

国名
メキシコ
事業
技術協力
課題
民間セクター開発
協力期間
2015年9月〜2020年3月

プロジェクト紹介

メキシコでは、自動車の生産台数が2019年には430万台規模に拡大すると同国自動車産業界は予測しています。同国内に日本の自動車メーカー(日産、ホンダ、マツダ、トヨタ、日野自動車、いすゞ)も工場を有し、北米市場をメインターゲットに南米市場向けもあわせた生産拠点として事業を拡大しています。しかし、現地の技術者や技能者は、日系企業が求める水準に達していない状況です。この協力では、モデル技術高校において、技能者の育成と、その教育改善手法を対象州内へ拡大する計画の策定を支援します。これにより、日系企業を含む自動車産業の人材ニーズに対応した技能者の輩出に寄与します。

協力地域地図

自動車産業人材育成プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 国立職業技術高校(以下、CONALEP)管理系教員研修:新たに開設する「自動車産業コース」の教員研修風景。専門家の指導を受けて、自ら生徒を教えるだけでなく、マスタートレーナーとして他の教員の指導も担当する、プロジェクトの中核となる教員の育成(プロジェクトでは「コア教員」と呼んでいる)。36名のコア教員が「汎用的管理技術」(=品質管理、カイゼン、生産ライン管理など)、「要素技術」(=測定、加工、制御、装置など)の2分野に分かれて、実技に取り組んでいる。 

  • CONALEP管理系教員研修 

  • CONALEP管理系教員研修 

  • コア教員要素技術系教員研修 

  • コア教員要素技術系教員研修 

  • コア教員要素技術系教員研修 

  • コア教員要素技術系教員研修 

関連情報

関連・連携プロジェクト

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。