障害のある紛争被害者のソーシャルインクルージョンプロジェクト

Project for Social Inclusion of Conflict Victims with Disabilities

実施中案件

国名
コロンビア
事業
技術協力
課題
社会保障
協力期間
2015年3月〜2020年3月

プロジェクト紹介

コロンビアでは、治安は改善されつつありますが、40年以上続いた紛争の結果、地雷被災などに起因する障害者が多く存在しています。2008年から実施された日本の技術協力により、障害者のリハビリテーションに従事する専門職の能力が強化されました。一方で、障害のある紛争被害者については、生計手段の獲得を前提とする社会復帰を含め、社会参加、ソーシャルインクルージョンを推進する必要性が強く認識されました。この協力では、パイロットサイトにおいて、障害のある紛争被害者やその組織の能力強化に取り組むなどソーシャルインクルージョン戦略の促進を支援します。これにより、対象地域以外でもソーシャルインクルージョンが促進されることが期待されます。

協力地域地図

障害のある紛争被害者のソーシャルインクルージョンプロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 第一プロジェクトサイトであるエル・カルメン・デ・チュクリにおいて、紛争被害者の集会でプロジェクトの説明を行う様子 

  • 第一プロジェクトサイトであるグラナダにおいて、第一回ベースライン調査協議委員会を行う様子 

  • サンプル調査のために、グラナダの地図を示しながら訪問地域の話し合いを進める上條専門家 

  • グラナダの町中を行く奧平専門家と介助者 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。