REDD+及び付加価値型森林コーヒー生産・販売を通じた持続的な森林管理支援プロジェクト

Project for Supporting Sustainable Forest Management through REDD+ and Certified Forest Coffee Production & Promotion

実施中案件

国名
エチオピア
事業
技術協力
課題
自然環境保全
協力期間
2014年7月〜2020年1月

プロジェクト紹介

エチオピアのコーヒー生産の1割を占める森林コーヒーは、希少性の高い独特な風味を有し、国際市場における商品価値が高まっています。しかし、同コーヒーの生産地であるオロミア州の森林野生生物公社(OFWE)のマーケティング部門の能力不足により、認証コーヒーとして国際競争力を持つための生豆の質が確保できていないなどの課題を抱えています。この協力では、OFWEが管轄する対象地域において、森林コーヒー認証プログラムと参加型森林管理に関する関係者の能力の向上や成果の普及を支援します。これにより、農家の収入の増加と森林保全が両立する持続的な農村開発の推進に寄与します。

協力地域地図

REDD+及び付加価値型森林コーヒー生産・販売を通じた持続的な森林管理支援プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ベレテ・ゲラ森林優先地域内に自生する森林コーヒーの若木。 

  • 開花した森林コーヒーの花(開花時期は年に2〜3回、開花期間は約1週間) 

  • 結実後の森林コーヒーの未成熟果実 

  • 収穫後の成熟果実を天日乾燥する 

  • 天日乾燥後の森林コーヒー果実 

  • 外皮を外した状態の森林コーヒー豆 

  • 森林協同組合の倉庫で森林コーヒーを保管する 

  • 認証取得のため地域住民主体の森林管理研修を実施する森林協同組合員 

  • 森林協同組合員が他の組合員と共に森林の管理状況を確認する 

  • 認証取得にむけて、主体的に森林状況をチェックする 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ