地域観光開発のためのパイロットモデル構築プロジェクト

Project for Establishment of the Pilot Model for Regional Tourism Development

実施中案件

国名
ミャンマー
事業
技術協力
課題
民間セクター開発
協力期間
2014年11月〜2017年11月

プロジェクト紹介

ミャンマーにおける観光産業の振興は、同国の経済発展にも大きく貢献することから重要な課題となっています。2013年の観光客数は、2009年との比較で約3倍に急増しており、受入体制の強化が必要になっています。この協力では、ミャンマー随一の観光地であるバガンにおいて、プロモーション、遺跡の保護などの観光開発の管理の強化、観光に関連するインフラの整備、ガイドなどの人材育成などに関するパイロット事業の実施を通じ観光開発計画の策定を支援します。これにより、バガンが遺跡保全と観光開発のバランスを取ることでより魅力的な観光地となっていくとともに、同地域の観光開発計画が他地域での観光開発計画のモデルとして活用されていくことが期待されます。

協力地域地図

地域観光開発のためのパイロットモデル構築プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • バガンの仏塔遺跡群 

  • カウンターパート(ホテル観光省バガン支局)との協議 

  • ピーナツ油の抽出作業(Taung Zin村) 

  • バガンの伝統工芸の漆器(West Phwar Saw村) 

  • バガン域内における観光客の交通手段(電気バイク、馬車) 

  • 観光客の登頂による遺跡への影響が懸念されるシュエサンドーパゴダ 

  • 交通標識と屋外広告が混在したニャンウー市場横の交差点 

  • パイロットプロジェクト選定のためのワークショップ 

  • 仏教遺跡周辺に不法投棄された生活ゴミ(ニューバガン) 

  • バガン周辺の観光地として有名なマハーガンダーヨン僧院(アマラプラ) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。