地域観光開発のためのパイロットモデル構築プロジェクト

(Project for Establishment of the Pilot Model for Regional Tourism Development)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ミャンマー [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2014年11月〜2017年11月
事業
技術協力
課題
民間セクター開発

プロジェクトの紹介

ミャンマーにおける観光産業の振興は、同国の経済発展にも大きく貢献することから重要な課題となっています。2013年の観光客数は、2009年との比較で約3倍に急増しており、受入体制の強化が必要になっています。この協力では、ミャンマー随一の観光地であるバガンにおいて、プロモーション、遺跡の保護などの観光開発の管理の強化、観光に関連するインフラの整備、ガイドなどの人材育成などに関するパイロット事業の実施を通じ観光開発計画の策定を支援します。これにより、バガンが遺跡保全と観光開発のバランスを取ることでより魅力的な観光地となっていくとともに、同地域の観光開発計画が他地域での観光開発計画のモデルとして活用されていくことが期待されます。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報