ジェンダー視点に立った農業普及推進プロジェクト

Project on Enhancing Gender Responsive Extension Services in Kenya

実施中案件

国名
ケニア
事業
技術協力
課題
ジェンダーと開発
協力期間
2014年9月〜2017年8月

プロジェクト紹介

ケニアでは、女性が農業生産労働の約7割を担っていますが、その生産性は男性農民と比較して2~3割程度も低いとされています。このためケニア農業・畜産・水産省は、ジェンダー平等および男女共同参画の促進していました。また、「小規模園芸農民組織強化計画プロジェクト(SHEP)」において、市場志向型農家経営の推進に取り組み、ジェンダー主流化に注力したところ、農家経営における男女共同参画が促進され、農家の生計向上が見られました。この成果を受けこの協力では、他の作物生産にかかわる農家に対しても、ジェンダー視点に立った農業普及の能力強化を支援しました。これにより、小規模農業・牧畜・漁業に従事する男女世帯の生計向上が期待されます。

協力地域地図

ジェンダー視点に立った農業普及推進プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ニエリ郡マデラ西県農業・畜産事務所スタッフよりのジェンダー分析調査での聞き取り調査の模様 

  • ニエリ郡マデラ西県農業・畜産事務所スタッフ、JICA専門家の集合写真 

  • マデラ西県農家グループ青年男性メンバー・JICA専門家とのジェンダー分析調査グループディスカッション・ジェンダー分析ツールの作成の模様 

  • プロジェクトが作成したジェンダー分析調査レポート案について確認・グループ協議を行うマデラ西県農業・畜産事務所スタッフ 

  • ニエリ郡でのジェンダー分析調査レポート共有ワークショップの模様 

  • ブシア郡テソ南県農家グループとのジェンダー分析調査ディスカッションの模様 

  • テソ南県農家グループ女性メンバーによるジェンダー分析調査グループディスカッション、ジェンダー分析ツール作成の模様 

  • テソ南県農家グループ女性メンバーによるジェンダー分析ツール結果発表 

  • テソ南県農家グループ男性メンバーによるジェンダー分析ツール結果発表 

  • プロジェクト開始ワークショップにて、関係者にプロジェクト概要を説明するプロジェクトメンバー 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。