ジェンダー視点に立った農業普及推進プロジェクト

 英語

ケニア共和国(以下「ケニア」)では、農業生産労働のうち女性はその70%を担っている。また、農業・畜産・水産省(以下、MALF)によれば、ケニアの小規模農民の69%が女性であり、小規模農業における労働力の80%は女性が担っているという報告もみられる。このように、小規模農家において、女性は重要な役割を担っているにもかかわらず、女性農民の生産性は、土地、農業資材、農業技術、マーケット等への限定的なアクセスに起因して、男性農民と比較した場合2〜3割程度も低いと見積もられている 。2010年〜2012年に世界銀行によりケニア全国の2,500世帯を対象に実施された調査でも、男性農民に比べて、女性農民の普及…

更新情報

10月14日
資料集」 を更新しました。
8月15日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
7月1日
資料集」 を更新しました。
5月25日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
4月20日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
対象国:
ケニア
課題:
ジェンダーと開発
署名日:
2013年11月29日
協力期間:
2014年9月1日から2017年8月31日
相手国機関名:
農業・畜産・水産省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。