ダルフール3州における公共サービスの向上を通じた平和構築プロジェクト

The Project for Strengthening Peace through the Improvement of Public Services in Three Darfur States

実施中案件

国名
スーダン
事業
技術協力
課題
平和構築
協力期間
2015年3月〜2019年4月

プロジェクト紹介

ダルフール地域は、スーダンの西部に位置し、主に遊牧や農業を営んで人々は暮らしています。ダルフール紛争の結果、治安や生活に必要な基礎インフラやサービス、生計手段の欠如などの問題から、多くの国内避難民(IDP)がIDPキャンプでの生活を余儀なくされています。母子の高い罹患率や死亡率をはじめ、安全な水へのアクセスなど大きな課題を抱えています。持続的な帰還を促進していくためには、経済活動と生計向上が不可欠です。この協力では、ダルフール3州(北、南、西)において、妊娠・出産・新生児に関するケア、給水施設の改修や新規建設、職業訓練のサービスプロバイダーの能力の強化を支援します。これにより、同地域において、質の高い母子保健、水供給、職業訓練サービスの提供に寄与します。

協力地域地図

ダルフール3州における公共サービスの向上を通じた平和構築プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 州水公社による、対象コミュニティ候補地での簡易調査(給水・衛生セクターの住民集会) 

  • ハルツームの女性起業家を視察(雇用・技能開発セクター) 

  • 第2回セクター技術委員会(以下、STC)全体会合の様子。公共サービスに必要な紛争予防配慮についてプロジェクト総括から説明し、プロジェクトにおける対応について参加者で協議した。 

  • モニタリング・評価セクターにおけるSTCの様子。連邦財務省職員が政府のモニタリング・評価システムについて説明し、その実行可能性について参加者で協議した。 

  • TOT(Training of Trainer)の参加者。雇用・技能開発セクターにおいて、職業訓練・徒弟最高評議会職員を対象に、8月10日より10日間の訓練(TOT)を実施した。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。