国産米振興プロジェクト

Local Rice Promotion Project

国名
コートジボワール
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発
協力期間
2014年2月〜2020年3月

プロジェクト紹介

コートジボワールは自然環境に恵まれ、高い農業生産能力があり、多彩な食用作物を生産していますが、コメだけは輸入に依存しています。国内のコメ需要が著しく増加する一方で国産米の生産性は低く、また、コメ市場の大部分が輸入米で占められた結果、国産米の生産地から都市部消費地への流通ネットワークが弱体化し、国産米の流通において悪循環が生じていました。この協力では、優良種子の供給体制や普及サービスを強化し、収穫後の処理における設備・技術・マネージメント能力の向上、都市部の消費者への国産米の販売促進活動を行うことで、対象地域で生産されたコメの販売量拡大に寄与します。

協力地域地図

国産米振興プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 灌漑稲作地区(M’be:ベケ州) 

  • 天水バフォン地区視察(Kouassiblekro:ベケ州) 

  • 天水バフォン地区視察(Zone Industrielle:ベケ州) 

  • 農民グループへの聞取調査(ヤムスクロ特別行政区) 

  • 稲穂 

  • 自脱式コンバインにより収穫された稲籾(Subiakro:ヤムスクロ特別行政区) 

  • 落ち穂拾いを行う女性(Subiakro:ヤムスクロ特別行政区) 

  • 収穫された稲の袋詰め作業(ヤムスクロ特別行政区) 

  • 小規模精米業者での聞取調査(ヤムスクロ特別行政区) 

  • 比較的優良な精米業者での聞取調査(ヤムスクロ特別行政区) 

関連情報