アフリカ型イノベーション振興・JKUAT/PAU/AUネットワークプロジェクト

(AFRICA-ai-JAPAN Project:African Union-african innovation-JKUAT AND PAUSTI Network Project)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ケニア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2014年6月〜2019年6月
事業
技術協力
課題
教育

プロジェクトの紹介

ケニアのジョモ・ケニヤッタ農工大学(JKUAT)は、アフリカ連合委員会が2008年に立ち上げた「汎アフリカ大学(PAU)構想」の下で、アフリカにおける「科学技術イノベーション(STI)」分野の人材材育成拠点(PAUSTI)のホスト大学に選ばれました。JKUATは、日本が1970年代の設立準備段階から長年支援してきた大学で、日本の大学や民間企業と独自の協力関係を構築しながら、ケニア有数の農工大学に発展しています。この協力では、そのアセットを活用するかたちで、アフリカ全土へのSTI分野の優秀な産業人材を輩出することを目指し、ホスト大学のJKUATへの支援を通じて、PAUSTIのSTI分野の研究環境の整備や研究・実践活動の強化を図り、JKUATがPAUSTIのホスト大学としての役割を果たす能力を更に強化する支援を行います。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報