海上保安能力向上のための巡視艇建造計画

(The Project for the Construction of Patrol Vessels for Enhancing the Ability to Secure Maritime Safety and Security)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ジブチ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2014年4月
事業
無償資金協力
供与額
9.24億円
課題
ガバナンス

プロジェクトの紹介

ジブチに面するアデン湾・ソマリア沖は、海賊被害が多発しているほか、密漁、密航、並びに密輸などの多くの問題を抱えています。同地域はエチオピアをはじめとする内陸国への貿易中継地点としても重要であることから、同国政府は、沿岸警備隊(DCG)を設立し対策に取り組んでいます。しかしながら、設立間もないことなどから、DCGには広範囲をカバーする巡視艇が十分に整備されておらず、効果的な哨戒活動の実施が困難な状況にありました。この協力では、DCGに対し巡視艇2隻の建造を支援しました。これにより、同沿岸の安全確保に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報