沿岸警備隊能力拡充プロジェクト フェーズ3

Project for Capacity Development of Djibouti Coast Guard Phase 3

実施中案件

国名
ジブチ
事業
技術協力
課題
運輸交通
協力期間
2019年10月〜2024年10月

プロジェクト紹介

ジブチ沖のアデン湾は、スエズ運河に接続する紅海の入口の東側に位置し、年間18,000隻の船舶が通航(「2018年海賊対策レポート」(2019年3月))するアジアと欧州を結ぶ海上交通路の要衝となっています。しかし、2000年代以降、海賊被害が多発し、ピーク時の2011年には273件の被害が発生しました。そのため、ジブチ政府は、2010年12月、海上安全・警備を所管し、海賊や難民・移民、密輸・密漁等の問題に対処する海上法執行機関として、ジブチ沿岸警備隊(DCG)を設立しました。本協力は、DCGの地域の海上保安機関として、より高度な法執行にかかる技術及び訓練能力並びに巡視艇の運航・維持管理にかかる能力を向上させることにより、DCGの法執行にかかる現場対応能力の向上を支援し、ジブチ領海域、アデン湾及びバブ・エル・マンデブ海峡における治安維持に寄与するものです。

協力地域地図

沿岸警備隊能力拡充プロジェクト フェーズ3の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ジブチ沿岸警備隊ドラレ訓練センターの様子 

  • 船舶移乗訓練(はしご訓練)(写真提供:海上保安庁) 

  • 船舶移乗訓練(ロープ点検)(写真提供:海上保安庁) 

  • 逮捕制圧術訓練の様子1)(写真提供:海上保安庁) 

  • 逮捕制圧術訓練の様子2)(写真提供:海上保安庁) 

  • 訓練修了式の様子 

  • 第一回合同調整委員会(JCC) 

関連情報

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。