村落給水施設管理・衛生改善プロジェクトフェーズ2

Project for enhancement of water supply facilities management and hygiene and sanitation in rural areas Phase 2

実施中案件

国名
ブルキナファソ
事業
技術協力
課題
水資源・防災
協力期間
2015年9月〜2020年3月

プロジェクト紹介

ブルキナファソは、国土の多くが乾燥帯に属し、乾季の約8ヵ月間はほぼ雨が降らないため、水の確保が大きな課題となっています。同国政府は、「2015年に向けた給水と衛生に関する国家プログラム」を策定し、これまでに安全な水へのアクセス率の向上など一定の改善は見られているものの、持続的な給水施設維持管理システムの定着は大きな課題の1つとなっています。先行して実施された技術協力では、中央プラトー州における施設の持続的な維持管理の実現に大きく貢献しました。この協力(フェーズ2)では、先行プロジェクトで構築したモデルを用いた維持管理システムの全国普及に向けた基盤整備を支援します。

協力地域地図

村落給水施設管理・衛生改善プロジェクトフェーズ2の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 日本の協力により建設されたハンドポンプ施設にて水汲みをする女性 

  • プロジェクト内容をカウンターパートに説明するJICA専門家 

  • プロジェクト関係者を集めたワークプラン協議の模様 

  • 井戸の利用・維持管理状況の確認 

  • 村落ごとに設立された水利用者組合(AUE)の活動状況を把握するベースライン調査の実施 

  • カウンターパートを対象としたプロジェクトで普及支援を行う給水施設維持管理システムの課題・改善点について検討するワークショップの開催 

  • フェーズ1の協力により作成された教材を使用した小学校での衛生教育活動 

  • ポンプ修理工との活動協議 

  • ポンプ修理工によるポンプの故障状況確認 

  • ハンドポンプスペアパーツ販売者への聞き取り調査を行うJICA専門家 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

関連記事等

関連記事等はありません。