林産品による地方ビジネス開発プロジェクト

(The Project for Development of the Rural Business with Forest Products in the Kyrgyz Republic)

【写真】プロジェクトの様子

国名
キルギス [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2015年9月〜2019年9月
事業
技術協力
課題
自然環境保全

プロジェクトの紹介

キルギスの森林は、旧ソ連時代の非効率な林業経営のため、森林面積は著しく減少していました。その後の植林政策の推進により回復したものの、植林後の保育間伐などが行われず、森林の質が低下していました。同国政府は、森林経営改革の柱のひとつとして、共同森林管理(JFM)を導入し、日本は技術協力「共同森林管理実施能力向上プロジェクト」において、JFMガイドラインを策定しました。この協力では、JFMをさらに普及するため、JFMステークホルダーによる林産品ビジネスのパイロット活動を実施し、全国林産品ビジネス行動計画の策定を支援します。これにより、JFMを活用した林産品ビジネスモデルの確立を図り、同国の林産品ビジネスの振興に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報