病院前診療の能力強化プロジェクト

(Project for Strengthening the Capacities of Medical Emergency Care in the Prehospital Care Setting in El Salvador)

【写真】プロジェクトの様子

国名
エルサルバドル [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2016年8月〜2020年8月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

エルサルバトルにおいて、頻繁に起こる自然災害によって生じる健康被害に対し、同国保健省は、死傷者数を可能な限り削減することを目標に災害医療体制の構築に取組んでいます。同国政府は、救急医療システムを首都圏に導入し、保健省内の救急医療局が中心となり運営を行っていますが、現場から医療施設への患者搬送中における判断や処置にかかる技術水準が不安定である他、処置を行ったあとに検証する評価体制も確立されていない状況です。この協力は、サンサルバドル首都圏において、病院前診療に携わる人材への能力強化、適切なモニタリング評価体制の確立、コミュニティ住民の救急救命に関する理解と参画の促進を支援します。これにより、首都圏で確保された病院前診療の提供を図り、同国全域への病院前診療の普及に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子