エルサルバドル国病院前診療の能力強化プロジェクト

エルサルバドルでは、風水害、火山噴火、地震などの自然災害が頻発し、多くの人的被害が発生している。同国保健省は災害医療体制の構築に取り組む一方、適切な医療を行うための基盤となる平時からの救急医療体制が不十分であり、その整備が必要であると認識している。その背景に、エルサルバドルでは平時の救急医療に関する政府の体制が未整備のまま、病院前診療を災害時の知見を有する非営利団体(以下、「NPO」)に依存してきたという経緯がある。このためNPO等の関係機関も体系的に携わる平時の救急医療体制を構築することによって、将来的な災害医療の改善に寄与すると考えられる。
エルサルバドル政府は「国家保健政策(20…

更新情報

10月19日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
2月5日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
9月27日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
エルサルバドル
課題:
保健医療
署名日:
2016年3月7日
協力期間:
2016年8月29日から2020年8月28日
相手国機関名:
エルサルバドル国保健省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。