妊産婦と子どもの健康・栄養改善プロジェクト

Project for Maternal and Child Health and Nutrition Improvement

実施中案件

国名
グアテマラ
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2016年6月〜2021年9月

プロジェクト紹介

グアテマラは、妊産婦死亡率、新生児死亡率、乳児死亡率は周辺国と比較すると高い数値となっています。また、妊婦の慢性栄養不良にくわえ、5歳未満児の約半数も慢性栄養不良で、母子保健とあわせて栄養改善への取組みが急務となっています。特に、胎児期から2歳までに十分な栄養を摂取しなければ、子どもの発達の阻害また成人期の慢性疾患の発生リスクを高めるため、母親の妊娠期から1000日間の母子保健・栄養サービスを改善することがとても重要です。この協力では、慢性栄養不良が多い先住民が居住するキチェ県に係る行政、医療施設およびコミュニティでの母子保健・栄養サービスの改善を図ります。これにより、対象地域の妊産婦および2歳未満児の健康、栄養改善に貢献します。

協力地域地図

妊産婦と子どもの健康・栄養改善プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ベースライン調査(栄養分野)2歳未満児の母親へのCAP調査の聞き取りの様子(チカマン市保健ポストにて) 

  • ベースライン調査(栄養分野)妊婦への食事の聞き取りの様子(チチェ市カプチナス地区の家庭にて) 

  • ベースライン調査(母子保健分野)チャウル市イロム地区の家庭での2歳未満児をもつ母親への調査の様子 

  • ベースライン調査(母子保健分野)チャウル市イロム地区の家庭での母親の身長測定の風景 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。