ラオス日本センター民間セクター開発支援能力強化プロジェクト

The Project on Capacity Building for Supporting Private Sector Development and Japanese Investment in Lao P.D.R. through LJI of NUOL

実施中案件

国名
ラオス
事業
技術協力
課題
民間セクター開発
協力期間
2014年9月〜2019年8月

プロジェクト紹介

ラオスは、市場経済への転換以降、高い経済成長率を維持し、ASEAN域内の経済統合、協力にも積極的です。一方、インフラ整備の遅れによる国内市場の未統合といった経済開発上の制約を抱えていることに加え、労働人口の増加に伴う雇用の創出や今後の経済成長を支える産業人材の育成が重要な課題となっています。この協力では、首都ビエンチャンおよびサバナケット県において、ラオス日本センターの能力強化を柱として、地元の企業家や(現地進出の日系企業を含む)民間企業を対象としたビジネスコースの実施とビジネスネットワーキングの活用・維持運営体制の強化を支援します、これにより、同国の民間セクターにおける成長や発展に寄与します。

協力地域地図

ラオス日本センター民間セクター開発支援能力強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ラオス日本センターの外観 

  • 2014年12月に実施された第1回目の合同調整委員会(JCC)会議 

  • ラオス国内で唯一実施されているMBA(経営学修士)コース第5期生の修了式 

  • MBAコースの研修にて、日系企業の工場を見学し、5Sやカイゼンなど日本型経営論を学ぶ受講生。 

  • 毎年1回行われる日本留学フェアー。2014年度の参加者は千人を超えた。 

  • ラオス日本センター(以下、LJI)日本語コースが実施する日本語授業の様子。 

  • 日本語を学ぶラオス人の成果発表の場、ラオス人・日本人との交流の場として毎年行われているラオス日本文化まつり。(LJI主催) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。