州水公社運営・維持管理能力強化プロジェクト

(The Project for Strengthening Capacity of Institutional Management,Operation and Maintenance in State Water Corporations)

【写真】プロジェクトの様子

国名
スーダン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2016年2月〜2020年1月
事業
技術協力
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

スーダンにおける安全な水へのアクセス率は、64パーセント(全国平均2010年)で全世界平均を大きく下回っています。日本のこれまでの技術協力により、同国の給水分野における研修実施体制は着実に強化されました。しかしながら、給水施設の運転・維持管理には依然課題が多い状況です。その背景には、州水公社と顧客とのコミュニケーション不足による低水準に留まる水道料金単価や、施設運転実績に基づいた事業計画の欠如など、多様な要因が存在しています。この協力では、給水施設の運転・維持管理能力および州水公社の経営管理能力の強化を支援します。これにより、同国における給水サービスが改善することが期待されます。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子