バルカ県送配水網改修・拡張計画

(The Project for Rehabilitation and Expansion of the Water Networks in Balqa Governorate)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ヨルダン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2014年11月
事業
無償資金協力
供与額
22.38億円
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

国土の約75パーセントが砂漠地帯のヨルダン。水資源不足は深刻で、全国で給水制限が行われ、小規模村落には給水が週10時間以下の地域もあります。この協力では、バルカ県の中でも特にヨルダン最大のパレスチナ難民キャンプ(バカア)を抱えるアインアルバシャ地区、また、貧困度が高く、ヨルダンの農業生産基地であるディルアラ地区において、送配水主管の敷設や配水池とポンプ場の建設と、送配水管、減圧装置、流量計などの機材の整備を支援します。これにより、水圧の適正化や無収水率の低減などを通じて水道サービスの改善を図ることに加え、シリア難民が流入している同県の増加した上水需要の負荷の緩和が期待されます。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報