第二次バルカ県送配水網改修・拡張計画

(The Project for Rehabilitation and Expansion of the Water Networks in Balqa Governorate(Phase 2))

【写真】プロジェクトの様子

国名
ヨルダン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2017年8月
事業
無償資金協力
供与額
13.91億円
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

ヨルダンのバルカ県アインアルバシャ地区には、10万人を超すパレスチナ難民が居住していますが、昨今シリア難民の流入により人口が急増しています。にもかかわらず基幹送配水網は過去25年間、改修や拡張がされておらず老朽化が進んでおり、その結果、全国平均を超える高い無収水率や不適切な配水によって生じる過剰な電力消費、水道管の摩耗・腐食による水質悪化などの問題を抱えています。この協力では、「バルカ県送配水管網改修・拡張計画」(第一次計画:バルカ県ディルアラ地区を対象)に続き、バルカ県の送配水網を改善します。これにより、難民流入の影響を受けたヨルダンの更なる水不足の緩和に貢献するとともに、ヨルダン水道庁が推進する、より持続的・自立的な水道経営の強化に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報