公共インフラ強化のための気候変動・リスク管理戦略局支援プロジェクト フェーズ2

(The Project for Capacity Development of the Department of Climate Change Adaptation and Strategic Risk Management for Strengthening of Public Infrastructure, Phase 2)

【写真】プロジェクトの様子

国名
エルサルバドル [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2016年8月〜2021年4月
事業
技術協力
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

エルサルバドルは、集中豪雨、地震など各種の自然災害の影響を受けやすい地域で、それら自然災害は、人的被害に加えて、物流および交通など、国の経済活動にも大きな影響を与えています。「公共インフラ強化のための気候変動・リスク管理戦略局支援プロジェクトフェーズ1」の協力では、気候変動・リスク管理戦略局(DACGER)の組織能力の強化、豪雨災害にかかるリスク診断、設計ガイドラインの作成などの技術協力を行いました。この協力(フェーズ2)では、道路インフラに焦点を当て、DACGERの道路災害に対するリスク管理能力の向上を支援します。これにより、同国における道路インフラの災害に対する脆弱性の低減を目指します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子