ウランバートル市における障害者の社会参加促進プロジェクト

(The Project for Promoting Social Participation of Persons with Disabilities in Ulaanbaatar City)

【写真】プロジェクトの様子

国名
モンゴル [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2016年5月〜2020年5月
事業
技術協力
課題
社会保障

プロジェクトの紹介

モンゴルでは、政府からの障害年金はウランバートル市での最低生活水準月額を下回っており(政府調査2013年)、障害者の多くが貧困状態にある可能性があります。就労率も低い要因として、障害に対する社会の理解が不十分であることや社会参加の現状に関する情報が圧倒的に不足していることなどが考えられます。この協力では、同市において、障害者の社会参加に係る情報の収集、人口開発社会保障省(MPDSP)や障害者の社会参加を促進する団体の能力強化などを支援します。これにより、同市における障害者の社会参加を促進する体制の強化を図り、同市内において障害者の社会参加が促進されることに寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子