2018年経済センサス実施に向けた中央統計局能力強化プロジェクト

(Project on Capacity Development for the Implementation of Economic Census 2018)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ネパール [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2016年3月〜2021年2月
事業
技術協力
課題
ガバナンス

プロジェクトの紹介

ネパールでは、1958年にネパール統計法が施行され、人口センサスは、2011年までに11回の実績を数えるなど、統計のノウハウと経験は着実に蓄積されつつあります。一方で、経済統計分野においては実施されたことがなく、国内の基本的な経済構造の把握が困難であるため、開発政策を立案する際に大きな障害となっています。この協力では、中央統計局職員が経済センサスおよびその他統計調査を実施するスキルの向上を図ります。これにより、有用な統計情報が提供され、中央省庁や民間企業などの政策、計画、戦略などの立案・実施・モニタリングへの活用に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子