シリア難民ホストコミュニティ地方部における村落保健センターのサービス向上プロジェクト

(Project for Improvement of Services at Village Health Centers in Rural Host Communities of Syrian Refugees)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ヨルダン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2016年4月〜2018年4月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

ヨルダンの合計特殊出生率は、中東の平均よりもやや高く、理由として近代的避妊法の普及率や、家族計画ニーズの充足率の低さがあげられます。また同国では、近年の内戦を逃れてシリア難民が急増し、保健医療サービスを圧迫しています。この協力では、シリア難民のホストコミュニティにおいて、村落保健センターのリプロダクティブヘルス(性と生殖に関する健康)・家族計画サービスおよび基礎的な保健サービス提供能力の強化を支援しています。これにより、対象地域に居住するより多くのヨルダン人、シリア難民が質・量の伴った村落保健センターの提供する保健サービスにアクセスできるようになります。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子