• ホーム
  • 協力形態から探す
  • ベトナム、カンボジア、タイにおける戦略作物キャッサバ侵入病害虫対策に基づく持続的生産システムの開発と普及

ベトナム、カンボジア、タイにおける戦略作物キャッサバ侵入病害虫対策に基づく持続的生産システムの開発と普及

The Project for Development and Dissemination of Sustainable Production System Based on Invasive Pest Management of Cassava in Vietnam, Cambodia, Thailand

実施中案件

国名
アジア地域
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発
協力期間
2016年4月〜2021年4月

プロジェクト紹介

キャッサバは、世界で約8億人の人々が日常の食料とし、近年では、工業用でん粉として用途が拡大しています。輸出量世界1位のタイ、2位のベトナム、急速に生産量が増大しているカンボジアを含む大メコン圏のキャッサバは、農家の貴重な換金作物として、また多くの関連産業への雇用を生み出すなど、戦略的作物と位置づけられています。しかし、2009年、タイに外来害虫が侵入、大発生し、近隣国へと被害が拡大しました。この協力では、キャッサバ生産に求められる安定高収量を可能にする病害虫管理技術の開発と普及を支援します。これにより、新たな技術の大メコン圏への普及が期待されます。

協力地域地図

ベトナム、カンボジア、タイにおける戦略作物キャッサバ侵入病害虫対策に基づく持続的生産システムの開発と普及の協力地域の地図

フェイスブック

事業評価

協力現場の写真

  • カンボジア・バッタンバン州のキャッサバ・イモの収穫作業 

  • カンボジアでの害虫調査 

  • カンボジアでの農家調査 

  • タイ国立生物的防除研究センターにてカイガラムシの飼育方法を学ぶ 

  • タイ農業局農業普及センターにて寄生蜂の増殖法を学ぶ 

  • タイ・タピオカ開発研究所にて、カイガラムシ増殖法を学ぶ 

  • タイ・タピオカ開発研究所にて、寄生蜂の保存方法を学ぶ 

  • ベトナム農業遺伝学研究所での水耕栽培実験 

  • ベトナム・フンロック農業研究センターのキャッサバ芋 

  • ベトナム国内最大の製糖工場で民間連携調査 

関連情報