• ホーム
  • 協力形態から探す
  • 都市の急激な高密度化に伴う災害脆弱性を克服する技術開発と都市政策への戦略的展開プロジェクト

都市の急激な高密度化に伴う災害脆弱性を克服する技術開発と都市政策への戦略的展開プロジェクト

The Project for Technical development to upgrade structural integrity of buildings in densely populated urban areas and its strategic implementation towards resilient cities

実施中案件

国名
バングラデシュ
事業
技術協力
課題
水資源・防災
協力期間
2016年5月〜2021年4月

プロジェクト紹介

バングラデシュは、複数の大陸プレートが衝突する世界で最も活発な地震頻発地帯のひとつとなっています。一方、ダッカ首都圏内には公共・民間建物合わせて約30万戸が存在しており、約半数は鉄筋コンクリート造の建物(2009年国連開発計画)ですが、その多くは同国建築基準に適合しておらず、建物耐震化は火急の課題です。この協力では、同国内関係機関の人材を育成し、ダッカ市における建物の構造的強靭性を向上させる技術開発とその効果的な実装戦略の提言を行います。これにより、同国内の建物の構造的脆弱性が低減され、都市の地震に対する安全性の向上に寄与します。

協力地域地図

都市の急激な高密度化に伴う災害脆弱性を克服する技術開発と都市政策への戦略的展開プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ダッカ市の風景 

  • 住宅建築研究所(以下、HBRI)建屋内実験スペース 

  • HBRI屋外実験フィールド 

  • バングラデシュ科学技術大学(BUET)加力フレーム内観 

  • 本邦におけるワークショップ 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。