ネパール地震復旧・復興プロジェクト

Project on Rehabilitation and Recovery from Nepal Earthquake

実施中案件

国名
ネパール
事業
技術協力
課題
都市開発・地域開発
協力期間
2015年7月〜2019年12月

プロジェクト紹介

2015年4月25日、ネパールの首都カトマンズ北西約77キロ(ゴルカ郡)を震源とするマグニチュード7.8の地震が発生し、甚大な被害が生じました。日本は、2015年4月26日から調査団を派遣し、復旧・復興支援にかかるニーズ調査や緊急的に対応すべき具体的な案件の発掘のために情報収集を行いました。この協力では、日本の災害経験と復興にかかる教訓を参考にしつつ、人道支援から復旧・復興の間のシームレスな支援を実現すべく、復旧・復興計画の策定や優先緊急復旧事業の実施を支援します。これにより、被災地域の早期復旧・復興、そしてより災害に強い国および社会の形成に寄与します。

協力地域地図

ネパール地震復旧・復興プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • シンドパルチョーク郡の農村における調査風景。震災後の農家の抱える問題点にかかるヒアリング中。 

  • ゴルカ郡における橋梁建設予定地の風景。 

  • 女性センターの詳細設計の開札の様子。JICAネパール事務所員も出席。 

  • カトマンズ盆地での地形図作成作業の風景。 

  • ゴルカ郡マナカマナにおける地すべり地域聞き取り調査の様子。 

  • 震源に近いゴルカ郡バルパック村の被災直後の様子。 

  • 最も多い被害者を出したシンドパルチョーク郡の郡都チョータラの被災直後の様子。 

  • バルパック村から望むヒマラヤ山脈。 

関連情報