中学校校舎建設計画

実施中案件

国名
ブルキナファソ
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
教育
贈与契約(G/A)締結
2015年8月
供与額
11.51億円

プロジェクト紹介

ブルキナファソは、2007年に教育基本法の改正を行い、初等教育および後期初等教育に当たる6~16歳までを義務教育とし、無償化することを決定しました。その後、後期初等教育の就学者数は2倍近くに増加し、今後も同様の傾向が見込まれます。しかしながら、中学校施設の数が不足しているため、一教室あたりの生徒数は過密状態にあり、劣悪な学習環境および教育の質の低下が課題となっています。この協力では、対象3州(中央北部州、中央州、中央プラトー州)において、中学校施設30校(約180教室)、教室家具(生徒用机・椅子、黒板など)の整備を支援します。これにより、後期初等教育へのアクセス拡大および教育の質向上に寄与します。

協力地域地図

中学校校舎建設計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ワガドゥグ郊外のサイトで、平坦かつ十分な広さを有する敷地である。(中央州カディオゴ県ワガドゥグ)(協力実施前撮影、以下2~8まで同様) 

  • ワガドゥグ郊外のサイト。幹線道路そばの敷地で、アクセスが良い。写真奥側(既存小学校校舎の後方)に中学校校舎を計画している。(中央州カディオゴ県タンゲン・ダスリ) 

  • カヤ近郊のサイトで、カヤからのアクセスは全て未舗装(13キロメートル)。(中央北部州サンマテンガ県カヤ) 

  • 既存中学校の教室棟外観:現地政府により建設され2012年に開校した中学校。現地標準設計に基づき建設されている。(中央州カディオゴ県ティンガンド中学校) 

  • 既存中学校の教室内部:2010年開校の新設校であるが、1教室当たり生徒数が80〜100名であり、過密な状況である。(中央州カディオゴ県ゴンセ中学校) 

  • 既存中学校の生徒用トイレ棟:男女別のトイレ棟と手洗い用の水がめ。学校敷地内の井戸から水を運ぶ。(中央州カディオゴ県ポンソンティンガ中学校) 

  • 既存小学校の炊事場:既存小・中学校のほとんどで学校給食が実施されている。(中央プラトー州ウブリテンガ県マネッサA小学校) 

  • 既存小学校の仮設教室:屋根・壁が草ぶきであるため、雨が降ると教室内が水浸しとなる。同敷地内に中学校を建設する。(中央北部州サンマテンガ県マルー小学校) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ