東ティモール国立大学工学部新校舎建設計画

(The Project for the Construction of New Buildings for the Faculty of Engineering, Science and Technology of the National University of Timor-Leste)

【写真】プロジェクトの様子

国名
東ティモール [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2016年3月
事業
無償資金協力
供与額
22.31億円
課題
教育

プロジェクトの紹介

東ティモールは、治安の安定化に伴い、好調な経済成長を持続しており、今後は石油収入への過度な依存からの脱却、基幹産業の確立、多様化が求められています。しかしながら、高度な技術を有する産業人材が不足していることから、日本は、人材輩出の役割を担う東ティモール国立大学工学部に対し、2002年の緊急支援に始まり、2004年から大学運営強化や人材育成をはじめ、多方面から技術協力を実施し、高度人材の育成に貢献しています。この協力では、同工学部の校舎の増設(教室、教員室、図書館、多目的ホールなど)と、必要機材の整備を支援し、同工学部の教育・研究環境の改善を図ります。これにより、同国の経済発展に貢献する人材の輩出に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報