ソロモン国における持続的森林資源管理能力強化プロジェクト

(The Project for Water Supply, Sewerage and Drainage Master Plan of Faisalabad)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ソロモン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2017年9月〜2021年8月
事業
技術協力
課題
自然環境保全

プロジェクトの紹介

ソロモン国の森林被覆率は、78.0パーセント(2015年)と世界的に高い数値を保っています。林業は主要産業のひとつで、木材輸出(主に丸太)は同国にとって最も重要な外貨獲得源となっていますが、アジア地域の木材需要増に応じて、2006年から2011年までの間には同国の持続可能な収穫量のほぼ6倍にあたる丸太が輸出され、2010年には樹木の枝や葉の茂っている部分を表す樹冠率が20パーセント以上も減少した森林面積が、約157,000ヘクタールにまで及んでいるといわれています。この協力では、同国における持続可能な林業のために、森林研究省の政策立案能力を向上させ、また住民によるパイロット活動の実施を支援します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子