小規模園芸農家能力強化プロジェクト

(Project for Capacity Development of Small-scale Horticulture Farmers)

【写真】プロジェクトの様子

国名
セネガル [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2017年1月〜2022年1月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

セネガルでは、農業は主要産業であり、貧困削減、雇用確保と経済の活性化の面からも最重要セクターです。近年、主要作物である落花生や綿花などが国際競争力の低下で低迷し、コメも国内消費分を輸入に依存する一方で、園芸作物については生産額が伸び、輸出も増加傾向にあり著しく成長しています。園芸分野の国内市場も拡大傾向で、これまでは大規模農家に利益が集中していたものが、小規模農家にも収入増加の可能性が高まっています。この協力では、比較的冷涼で農業生産条件が良好なニャイ地区において、小規模園芸農家の市場対応力を向上させる市場志向型農業アプローチを実践します。これにより対象園芸農家の収益向上を図り、同地域全体の小規模農家の収益増に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報