稲作振興能力強化プロジェクト

(Capacity Building Project for Promotion of Rice Production)

【写真】プロジェクトの様子

国名
スーダン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2018年1月〜2023年1月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

スーダンにおいて農業は、GPDの約30パーセントを占める(2016年、世界銀行)同国経済の重要分野です。一方でコメの消費量は年々増加し、生産量不足のため輸入に頼っている状況で、稲作の振興は食料安全保障上、また財政上も重要な課題です。この協力では、ハルツームおよびゲジラ州において、稲作推進に係る関係機関の調整システムを整備し、イネ保証種子供給システムの確立を行います。これにより関係機関の稲作推進に係る組織的・技術的能力の向上を図り、主要稲作産地6州(ゲジラ、白ナイル、リバーナイル、ノーザン、ゲダレフ、センナール)における稲作増産に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子