稲作振興能力強化プロジェクト

 英語

(写真左)ARCの原種種子生産圃場 (写真中央)収穫祭での一コマ (写真右)農家圃場(刈り取り前の稲穂が垂れている様子)

(1)当該国における農業セクターの現状と課題
スーダン共和国(以下、「スーダン」)では、全労働人口の約65%が農業に従事し、GDPの約30%を農業セクターが占める(2016年、世銀)など、スーダン経済において農業は重要なセクターである。しかし、1955年以降の長期にわたる内戦により土地は荒廃し、インフラの整備がなされなかった結果、農業生産は長期にわたって停滞している。
スーダン政府は、小麦に次いでコメを戦略的に重要な作物と位置付け、コメ生産開発の推進を進めている。連邦農業省は現在策定中の「5か年計画」(2017年~2020年1)において、引き続きコメを戦略作物とする予定であり、…

更新情報

2月5日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
スーダン
課題:
農業開発/農村開発
署名日:
2017年7月9日
協力期間:
2018年1月16日から2023年1月15日
相手国機関名:
連邦農業省、ARC本部、Center of Excellence(CoE)としてのゲジラ州農業省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。