肥沃度センシング技術と養分欠乏耐性系統の開発を結合したアフリカ稲作における養分利用効率の飛躍的向上

(The Project for Breakthrough in Nutrient Use Efficiency for Rice by Genetic Improvement and Fertility Sensing Techniques in Africa)

【写真】プロジェクトの様子

国名
マダガスカル [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2017年5月〜2022年5月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

マダガスカルはサブサハラ・アフリカ有数のコメ生産国かつ消費国であり、農業は、就労人口の約7割が従事する最重要産業です。同国は比較的水資源に恵まれ、灌漑施設の整備も進んでおり、コメの年間の収穫量は約400トン(FAO, 2014)ですが、急激な人口増加に対し、供給が追い付かず輸入を余儀なくされています。コメの自給率停滞の要因として、肥料投入量の不足と、広範に分布する養分供給力の低い風化土壌が挙げられています。この協力では、肥沃度センシング技術と養分欠乏耐性系統の開発を行うことにより、養分欠乏下でも高い生産性を実現する稲作技術の開発を図り、その稲作技術が対象地域の農民に普及することに寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報