コメセクター生産性向上及び産業化促進支援プロジェクト

Project for Promotion of Productivity Improvement and Industrialization of the Rice Sector

実施中案件

国名
マダガスカル
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発
協力期間
2020年12月〜2026年5月

プロジェクト紹介

マダガスカルにおいてコメは主食であり、最も重要な作物です。現在のコメの自給率は約90パーセントですが、コメの自給達成は食料安全保障や経済・貧困削減の観点から特に重視されています。2019年1月に同国政府が打ち出した「マダガスカル新興計画」(2019~2024年)には、2024年までにコメの自給のために年間50万トンの生産増が目標に掲げられました。さらに、同国における将来の開発ビジョンである「Fisandratana 2030」においては、コメの需要が高いインド洋地域の穀倉地帯として、2030年までにコメの輸出国になることを目指しています。そのためには、先ず、コメの自給達成に向けた生産拡大の実現が必要であり、より多くの稲作農家に対する適正栽培技術の普及と稲作環境の維持(流域管理)を進めていくことが求められており、これらの技術の幅広い導入・普及が最優先の課題です。また、将来の輸出に向けた計画策定及び実施も必要となっています。本事業は、PAPRiz技術(種子選抜、育苗、本田均平化、施肥、除草、収穫後処理等、同国におけるコメの生産性向上に効果的な12の技術をまとめたもの。)の全国普及、コメバリューチェーンに係る中央政府の強化、農家の経営能力強化、投入材供給体制及びポストハーベストの強化を行うことにより、自給達成及び将来の輸出に資するコメバリューチェーンの強化を図り、コメセクターの産業化に寄与します。

協力地域地図

コメセクター生産性向上及び産業化促進支援プロジェクトの協力地域の地図

フェイスブック

事業評価

協力現場の写真

  • 推奨する健強な苗 

  • 播種の実地研修 

  • 紙芝居を用いた圃場での指導 

  • 施肥試験プロット 

  • 農民トレーナーの研修圃場(収穫期) 

  • 改良農機(脱穀機)のデモンストレーション 

関連情報

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。